お子様に配慮した住宅設計

ライフスタイルの変化を見据えた住まい方提案

家の使い方は時と共に変化していきます。
特に、お子様が居るご家庭では
5年、10年で大きく様変わりします。
その為、今だけに焦点を当てるのではなく
将来を見据えた
「コミュニケーション設計」
「収納設計」が必要です。

「ユーセイ」ではこれまで沢山の子育てをされている
”ママ”の声を頂いた一級建築士や営業担当者が
お客様の現在の生活スタイルをヒアリングし、
未来の使い方を予想した住まい方をご提案をいたします。

5年後、10年後のライフスタイルの変化を見据えたご提案

ユーセイでは可変性の高い間取りや、
将来を見据えた収納設計により
5年後、10年後も使い勝手のよい住まいを
提供いたします。
また、ロフトや上下に広がる吹き抜け空間は
幼少期にはお子様の活動領域を広げ
五感を刺激し、
感受性豊かな子供が育つ場所として
活躍いたします。
そのような、住まいのアクセントも
子育てママのお声をヒントに、
数多く提案しております。

可変性の高い部屋

例えば、間仕切り可能な2階洋室をお子様部屋に。
フレキシブルなお部屋を1つ家の中につくることで、お子様の成長に合わせてお部屋の様相も変化させることが出来ます。

将来を見据えた収納設計

小さなお子様にとって、ロフトは収納スペースというよりも格好の遊び場となります。
最終的には、お子様が成長するにしたがって増えてくる物の収納場所としても活用します。

上下に広がる空間を創る吹き抜け

お子様が小さいときは、上下に広がる立体的な空間が五感を刺激し、感受性豊かな子供が育つ場所として活躍します。お子様が成長すると、さりげないコミュニケーションをとるきっかけに。

親子のコミュニケーションが広がる工夫

親子のコミュニケーションが広がる家は、
お子様の発育や知育にも
いい影響を与えてくれます。
たくさんの子育て世代の家を手がけた、
ユーセイの建築士や営業担当者の
様々な工夫をご紹介いたします。

スタディーコーナー

お絵かきや宿題を家事をするママの横で行うことで、コミュニケーションを多くとることが出来ます。
幼少期からコミュニケーションをとることが習慣化されお子様は、大きくなっても自然と交流できるようになります。また、親のワークスペースも兼ねれば、隣で仕事をするお父さんやお母さんの姿が励みになって勉強もはかどります。

親子で本を身近に感じるリビングライブラリー

リビングの壁の一部を本棚として造り付けることにより、お子様が小さなときは「絵本」を一緒に読んだり、小学生・中学生の時には辞書や、辞典で一緒に調べものをする。
大きくなると男の子のお子様ならお父さんの「ビジネス書」に興味をもつ。
女の子のお子様なら「お料理レシピ本」をお母さんと一緒に読むなどリビングに本を置く場所を作ることで様々なコミュニケーションが生まれます。

オープンキッチン

リビングを見渡せるキッチンは料理をしながら、お子様とコミュニケーションをとるのに最適です。親が家事やお片付けする様子が見えるから、自然とお子様やご家族が家事に参加しやすい環境をつくります。

感性を育む”ユーセイの庭活”

ユーセイなら広い敷地を確保しやすい郊外や、限られた土地の市街地など様々な条件に合わせた”庭活”のご提案が可能です。 家の中に庭を取り入れることにより、「親子のコミュニケーション」を深め、お子様の感性を豊かにすることができます。

生涯を通じて「コミュニケーション」が広がる住まい

お子様への将来の実家を提供

お子様が独立されてからも、お子様から見れば実家となります。
「お孫さん」を連れて来たくなるような家創りをすることで、
生涯を通じて家族の絆が深まります。

お子様が子供のころに遊んだ庭でお孫さんが遊ぶ庭がほしいお子様が子供のころに遊んだ庭でお孫さんが遊ぶ庭がほしい

シアタールームとかあれば嬉しいシアタールームとかあれば嬉しい